ホーム::にゅーす::ニューモデル::'20リリース

2020年モデル「XSR900 ABS」

ヤマハ発動機株式会社は、水冷・4ストローク・DOHC・直列3気筒・4バルブ・845ccエンジンを搭載する“Neo Retro”※ロードスポーツモデル「XSR900 ABS」をマイナーチェンジし、2020年モデルとして2月25日より発売します。

2020年モデルはポジションランプを追加したヘッドランプの採用に加え、カラーリングのアップデートを行い、新たに“ホワイト”を設定しました。「ラジカルホワイト」をベースに塗装塗り分けによるレッドとブラックの鮮やかなラインをあしらい、1980年代に人気を博したスポーツモデルのイメージを再現しています。なお“マットグレー”はカラーリングを継続して販売します。

「XSR900 ABS」は、“The Performance Retro-ster”をコンセプトに開発しました。味わいあるレトロな外観と先端技術による走行性能を備え、所有する悦びや乗る楽しさを提供するモデルです。
※ Neo Retro:「スーパースポーツ」「ネイキッド」といった従来のカテゴリーを超え、レトロな外観やその背景の物語性を秘めながらも、先進技術に基づくエキサイティングな走りを楽しめるモデルのカテゴリー。
ファイル 288-1.jpg
ファイル 288-2.jpg


発売日 :2020年2月25日
希望価格:1,061,500円

リリース
https://global.yamaha-motor.com/jp/news/2020/0206/xsr900.html
製品サイト
[XSR900]
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/xsr900/